木附製作所/金属加工/精密板金/筐体/筐体カバー/パネル/扉/フレーム/ブラケット/ダクト/リフレクター/アルミナ/セラミックコーティング/電解研磨/アルマイト/ステンレス/きづき

株式会社木附製作所

ブログ>2020年 01月

本年も宜しくお願い致しますm(__)m

新年明けましておめでとうございますm(__)m

昨年後半はドタバタしており、気が付いたら新年を迎えていたという感じです(^^;)

そんな中、弊社をごひいき頂き支えて頂いたお客様、
色々と助けて頂いた協力会社様に
心より感謝及び御礼申し上げますm(__)m

なかなかHPを更新する時間もなく今日に至ってしまいました(^^;)

取り急ぎ1月の休業日のお知らせです。
(赤い日はお休みです)

昨年は半ばでの社長交代も相まり、
弊社にとっては怒涛の一年で有りました(*_*;

新体制になり、新しいお客様とのお取引も増え、
今までになかったような仕事もこなすようになり
今までの体制では厳しい局面ともぶち当たり、
今後の弊社への課題も浮き彫りとなり
体制改革や人員増強等も含め、今年は更なる飛躍を掛けて
様々な事を改革していかなければならないと痛感いたしました(;´・ω・)

正直、製造業に携わる者の端くれとして
嫌な報告も数々受けた一年でも有りました。

協力会社の廃業や知っている会社の倒産...

製造業も淘汰されていく時代になってきたのかと胸が締め付けられる想いです(-_-;)

・・・
近年・・・
色んな業界で淘汰が進んでいると思います。

例えば、ガソリンスタンド...
色んなメーカーが淘汰され(ENEOS)ばかりが目に付くようになりました。

地域にもよるのでしょうが、コンビニにしても(セブンイレブン)ばかりが街中に点在していると感じます。
(当方の住んでいる半径5キロ圏内に6~7軒ほど有ります(^^;))

セブンカードとエネオスカードがあれば生きていけるのではと思うほどです(^^;)(笑)

勿論それを否定する理由もなく、
実際、当方自身もすごく利用させて頂いております。
2枚のカードも常に活用しております('◇')ゞ

ただ、たまにはミニストップのアイスが食べたいな~とか
ファミマのチキンが食べたいな~と思う事もあるので
もっといろんなコンビニがバランス良くあったら良いのにと悩ましい感じもしています(-_-;)

結局利便性を考えると近場のセブンという結論になってしまいます。

でも同じような距離にあるセブンイレブンでも
『行くセブン』と『行かないセブン』が有ります。

売っている物は同じだし、値段も同じです。
・・・
まぁ、車が停めやすかったりなどの理由も有りますが
一番の理由としては『店員さん』です。
店員さんがテキパキしていて親切で感じが良いお店に行きます。
そう感じるお店はやはりいつもお客さんが沢山います。

同じ物を同じ値段で買うのなら気持よく買い物がしたいですよね?

・・・
製造業にも通ずる所があるなぁと感じました。
色々な板金屋がある中で、同じ物を作るとしたら
材料の値段はほぼ同じです。
まあ、持っている機械などで多少は時間が変わってきますが
工程にかかる時間や技術料金などをプラスして見積もりをします。
なので、正規の見積もりをすればどこの板金屋さんでも
そんなに違いは出てこないと思います。

数ある板金屋の中でお客様に選んでもらうには
何かしら『同じ値段ならあそこに頼もう』と思って頂ける努力をしなければなりません。

確かな品質と丁寧な作業は勿論、
ご相談が有ればお客様の立場になって考え真剣に向き合い
コストダウンの為の提案などにも今まで以上に力を入れていきたいと思います。
後はやはり『人』なのだと。
当たり前の事ではありますが、電話応対や取り次ぎなども含め迅速で丁寧に行い、
お客様に失礼のないよう、気持ちよくお取引していただけるよう、従業員全員で徹底していかなければと感じております。


今や『速い!』『安い!』『上手い!』は
製造業に当たり前の様に突きつけられる条件の様な気がします。

そんな中でも『求められている事+1』を
試行錯誤しながらも実現していける会社で有れればと思います。

製造業に求められる事って何だろう?・・・

『自分だったらこうしてほしい』をコンセプトに
今年は今まで以上にアンテナを張り巡らせていこうと思う所存で有ります!!

ですが
どうしても避けられない課題も多くあります。
ステンレスの材料の値上げ。
レーザーで金属を切断する為に使用する
『窒素」や『酸素』の大幅な値上げも告知されており
この波をどう乗り切るか、協力会社、及びお取引先へ
丁寧に説明し御理解、ご協力を求めていかなければと思っております。

・・・
その反面、近年『コストダウン』を求められる局面も多く
弊社内の工程の見直しや材料取りも含め
協力できることは精一杯協力させて頂く所存です。

しかしながら、どれだけ頑張っても
ご要望に添えない物に関しては
『無理な物は無理』と断る勇気も必要なのかなと思います。

弊社が生き残っていく事がお客様への利益に繋がると信じ
今年も精一杯頑張っていこうと思っております!

本年も木附製作所をどうぞ宜しくお願い致します!!



投稿: 2020/01/01